2017.02.13
転職活動をスムーズに行う為の対策について [続きを読む]
2016.12.23
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください ! [続きを読む]

せきねもんこと関根義光

裁判でGoogleに勝利した男としてネットビジネス界では有名なのが、関根義光さん。 同業者からはあらたに誹謗中傷をうけているようですが、司法の判断によりGoogleを屈服させたのはSEOの専門家でも不可能なことでしょう。

関根義光

せきねもんの暗号通過ってビットコインとは違うみたいなんだけど、投資効率を考えたら選択肢の1つにしておいてもいいかな、なんて思っている今日この頃。でも事業の方も展開が出てきてIT系の市場とともに伸びそうなんだよね。

ならば運転資金は公的機関の融資って方法もあるよね。 そこでまずキャッシュフローを楽にするために計画的な借金をちょっと調べてみたよ。



事業資金

事業資金の融資とは

融資で事業資金を確保したいことがあります。新規事業や起業のためにお金がいるという人は大勢います。開店資金がなければ、意欲があっても始まりません。資金にするお金にあてがあるという人は、あえて調達をすることはありません。

しかし、私のように事業をやりつつ、せきねもんの暗号通貨に興味があっても元手を持っていないという人もいるはず。 金融機関からお金を融資してもらう必要があります。金融会社や銀行の中には事業者ローン融資を行うところがあり、事業に必要なお金の融資を希望することができます。

近年では、事業の融資のやり方は様々なパターンがあると言われています。事業資金に使えるローンには、ビジネスローンがあります。担保や保証人がなくても融資が可能なこともあるローンで、中小企業や個人事業主の企業や会社の運転を助けます。

融資を受けるには、審査を受けなければなりません。審査の結果によっては、あてにしていた融資を断られてしまうことがあります。金融機関によっては、借り入れ時の審査が極端に短く、審査をの手続きをしてから半日経過せずに融資を受けられるようになったということもあります。

金融機関に事情を話し、資金調達についてのアドバイスをもらうのもいいでしょう。急ぎでお金を確保したいという時は、どうしても金利の高い借り方をしなければいけなくなります。

急にお金が必要になった時も事業資金の貸し付けをしてもらえるような金融機関はとてもありがたいですが、貸付条件はそれぞれの融資によって違うため、ちきんと認識しておくことです。

これなら関根義光さんの仮想通貨で負けたとしても、ビジネスとしての利益はしっかりと確保できますからね。接待に勝つ投資なんてないのですから、どれだけリスクヘッジできるかがポイントでしょう。





詳細を開く